今現在エクステリアのリフォームを考えているところです。
我が家は両親から譲り受けた築40年以上の一戸建て。昭和に建てられて以来、一度もリフォームされていません。家の前庭には前栽があり、大きな松や名前も分からない木が植えてあります。そして、それとは対照的に狭くて小さいカーポートがあります。
うちは子供が3人いる5人家族。どうしてもミニバンクラスの車が必要になります。それに加えて家族の人数分の自転車も収納しなければなりません。
運転席に乗る時もドアを細く開けて滑り込むように乗らないといけないくらい狭いカーポート。絶対に太れません。
そこに5人分の自転車を置くなんて不可能です。仕方がないので、今は前庭に乱雑に置かれています。門扉から見えるところに乱雑に置かれた自転車は、見栄えが悪いです。カバーをかけているとはいえ雨ざらしになっているのも気になります。
そして何より前栽の手入れが大変です。年に一回庭木の剪定に来てもらっているのでお金はかかるし、落ち葉や雑草の処理。特に落ち葉は秋になると掃除しても掃除してもすぐに家の前に積もってしまうので、放置して近所迷惑にならないよう気が抜けません。
そこで普段からお世話になっている工務店に頼んで、思い切って庭木を撤去し自転車も収納できる広々としたカーポートを作ろうかと思っています。
庭木の他に大きな庭石もいくつかあり、道路よりも高い位置に前栽が作られているので、解体するだけでも大掛かりな工事になるだろうと予想されますが、いちいち自転車をかついで門の階段を降りることもなくなり生活しやすくなると思います。
昭和の香り漂う門扉も防犯がしっかりしたものに変え、ミニバンと自転車が収納できるカーポートをができたら、今まで以上にお出かけが楽しみになりそうでワクワクします。今まではどうしても車や自転車を出すだけでも面倒に感じて億劫になっていましたから。
両親が大切にしていた前栽を潰すのは心苦しいのですが、相談に行くと私たちのライフスタイルには合ってないことを理解してもらえ、快く了承してもらいました。
外構は家の顔です。時代やライフスタイルの変化に合わせてどんどん変えていくことが大切だなと感じました。

PR|エステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報ダイエットチャレンジAGAお悩み相談.com英語上達の秘訣女性のための薄毛治療研究会住宅リフォーム総合情報美容と健康女性ランキングマッサージのリアル口コミ.com会社経営に必要な知恵袋お家の見直ししま専科注文住宅のための用語集クレジットカードの即日発行じゃけん