ステイホームの影響でペットを飼う家庭が急増しています。ペットを買っている世帯の割合は全体の3割を超えており住宅でもペット事情を考慮するのが当たり前になっています。
ペットを飼っている家庭の多くがのびのび庭で遊ばせてやりたいと考えています。外出時はリードを付けるのがマナーで我慢を強いてしまいますが、庭で思う存分遊ばせてやれれば思うように運動できないストレスも解消されますし一緒に遊べる飼い主にっとっても大きな喜びです。
今回は、ペットと遊べる庭づくりのポイントを紹介します。

狭くても思い切り走れるスペースがあると喜ぶ

ペット、特に犬にとって嬉しいのはなんといっても思い切り走れるスペースのある庭です。
走るのはもともと動物の本能です。思い切り走るだけでストレス開所できるのは動物の特権ですが、逆に言うと思い切り走れないことが日頃のストレス担っている可能性もあります。狭くてもいいので思い切り走れるスペースを確保するとストレスを解消できる楽しいスペースとしてペットが喜びます。
できれば広いスペースが理想ですが限りある庭で贅沢は言えません。走れるスペースは直線でもいいので少し視点を変えてみましょう。メインの庭ではなく住宅の周囲にある通路上のスペースはペットが走るのにピッタリの場所です。普段通らない家の周囲をペットが走れる集会スペースに改装すれば思う存分走れる庭が完成します。

立水栓が大活躍

ペットを庭で遊ばせるときに気になるのが衛生面です。汚れた足のまま家に上がらせるわけには行きません。遊び終わったらきちんと足を洗ってから家に上げる必要がありますが、庭から離れた浴室まで抱き上げて運ぶのはそれなりに大変です。
庭に立水栓があると何かと便利です。ペットの足洗いはもちろん遊び疲れて喉が渇いたときの飲み水や庭木の水やりなど、水道がひとつあるだけで庭はとても快適になります。水道のない庭をペットようにリフォームするならぜひ立水栓を追加することをオススメします。

逃走防止対策で安心

どんなになついているペットも思わぬ行動をする可能性があります。特に庭遊びでは車のクラクションなど不意の音に驚いてパニックになってしまう恐れがあります。突然の不安に襲われてパニックになるとどんな行動をするか予想できません。最悪の場合は庭を飛び出して逃走してしまう可能性もあるので必ず庭には逃走防止対策を整えておきましょう。
出入口部分のフェンスを基本に塀に通れそうなすき間はないか、踏み台に使われるものはないかなど逃げ出せそうな場所は徹底的にチェックし全てに逃走防止の処置を施してください。フェンスの設置やレイアウトの見直しなどあらかじめ逃げないように準備をしておくことでペットを安心して遊ばせられる空間が出来上がります。